みその健康教室 過去の開催テーマ

第1回みその健康教室「高血圧ってなあ~に?」

第1回みその健康教室「高血圧ってなあ~に?」 第1回みその健康教室「高血圧ってなあ~に?」
みその健康教室を開催しました
開催日時 平成15年10月2日(木)  13:00~15:00
場 所 みその病院外来待合室(1階)
内 容 ・「高血圧ってなあ~に?」    講師 循環器内科・田村真医師
・看護師による血圧測定の実施指導
・業者による動脈硬化度の測定
参加者 約70名(患者様、地域住民の方)
お話しの内容
 ・ 高血圧の治療の目的は長生きすること、寝たきりにならないこと、ぼけないこと。
 ・ 最も望ましい血圧は120/80以下であるが、130/85以下を正常血圧とする。
 ・ 日本に寝たきりの人は30万人いる。脳梗塞は寝たきりになる最大の原因であり、脳梗塞をきたす最大の原因は高血圧である。
 ・ 高血圧の治療は薬物内服と生活習慣の改善が必要。
軽症高血圧では生活習慣の改善により薬物内服が中止できる。
 ・ カリウムが豊富な新鮮野菜や果物を摂取することで血圧が低下、脳卒中の発症率が低下する。
家庭で測る血圧の正しい測定法
 ① 正座するか、椅子なら深く腰掛け、背筋を伸ばす。
 ② 姿勢が整ったらリラックスするため、深呼吸を4~5回する。
 ③ 測る場所は腕。測定部が心臓の高さと同じ位置になるようにし、その部位を安定させて測る。手首、指先で測る時は、腕で測った測定値と一致するかどうかを確かめておく。
参加者の感想
「田村先生のお話はとてもわかりやすく、時々笑わせてくれた。」
「いろいろ勉強になった。次もまた寄せてください。」
「看護婦さんから血圧の測り方を教えてもらってよかった。」
「動脈硬化が進まないよう、気をつけます。」

第一回目ということで不安もありましたが、お陰さまでたいへん多くの患者様や地域の皆様が参加してくださいましたことに、厚く御礼申し上げます。
尚、来年(平成16年)は第2回目を予定しておりますので、どなた様もご気軽においでください。

一覧

【↑】このページの先頭部分まで戻ります。