みその健康教室 過去の開催テーマ

第13回みその健康教室「もし介護が必要になったら 」

第13回みその健康教室「もし介護が必要になったら 」

第13回みその健康教室を開催しました

日時 2010年12月13日 14:00~15:00
場所 会議室
内容 もし介護が必要になったら
講師 野崎さなえ医療相談員

☆みその健康教室準備会スタッフよリ
介護保険は周知のところですが、「もし、介護が必要になったら」・・・・・介護認定の流れや介護認定を受けた際の利用できるサービス等、詳しくお話がありました。介護が必要になったら1人で悩まず、<本人>も<家族>も安心できるよう、まず身近なところから相談してみてください。「1人で悩まないで!!」

『もし介護が必要になったら』

もし介護が必要になったら、介護認定をしてもらいましょう。

介護認定の流れは
(1) 申請:市町村の介護保険担当窓口へ申請します。介護保険証が必要です
(2) 認定調査:調査員が家庭へ訪問し、調査を行ないます
(3) 主治医意見書:かかりつけの医師が作成します
(4) 介護認定審査会:調査結果や主治医意見書をもとに介護度が決定されます
(5) 要支援、要介護認定:本人へ通知されます
(6) ケアプラン作成:ケアマネージャーが作成します
(7) サービスの利用
(8) 更新:原則6ヶ月ごとに更新します

以上の認定の結果「自立(非該当)」から「要支援1~2」、「要介護1~5」に介護度が決められ、それに応じたサービスが受けられます。利用できるサービスは

A 在宅介護サービスとして
訪問介護(ヘルパー)、通所介護(デイサービス)、通所リハビリ(デイケア)、短期入所(ショートステー)、訪問看護、訪問リハビリ、訪問入浴、その他福祉用具の購入費支給および貸与、住宅改修費の支給、居宅療養管理指導などがあります

B 施設入所
介護老人保健施設:リハビリに重点をおいた介護が必要な方が対象
介護老人福祉施設:常に介護必要な方が対象
介護療養型医療施設:長期にわたり医療が必要な方が対象

以上サービスについて示しましたが自立と判断されたばあいでも介護予防リフォーム助成や訪問指導、リハビリ教室、まごころヘルプ、配食サービスなどさまざまな支援がありますので、お気軽にご相談ください。

一覧

【↑】このページの先頭部分まで戻ります。