みその健康教室 過去の開催テーマ

第4回みその健康教室「動脈硬化と狭心症」

第4回みその健康教室「動脈硬化と狭心症」
第4回みその健康教室を開催しました

日時 平成17年4月25日(月) 午後2時~3時
場所 会議室
内容 「動脈硬化と狭心症」
~ 胸痛…見逃していませんか?危険なサインを~
講師  循環器内科 田村真医師
参加者 43名(患者様と地域住民の方々)
田村医師による講演も4回目となりましたが、当日は好天にも恵まれ大勢の方が出席して下さいました。
当院の患者様、ご家族様以外の方が半数以上も来られ、 徐々に地域の方々に浸透しているようです。
高齢者の方にはやや難しい話しもありましたが、「大変 良かった、勉強になりました。」という声が多く聞かれま した。

内容(重点項目)
1) 日本における虚血性心疾患の死亡率は癌についで2位、100万人あたり約100人である。
2) 心臓は一日に7万回以上拍動しており、大量の酸素、栄養を必要とする。このため、3本の冠動脈(前下降枝、回旋枝、右冠動脈)で常に血液が還流され、酸素、栄養が供給される。
3) 狭心症は冠動脈の動脈硬化によってもたらされ、動脈硬化をきたす原因疾患として高血圧、高脂血症、糖尿病、喫煙などがある。
4) 狭心症の診断には詳しい問診(胸痛のパターンの確認)、心電図、運動負荷による症状、心電図変化などが必要である。正確かつ最終的な診断には心臓カテーテル検査が必要となる。
5) 典型的な狭心症の症状としては、「安静時にはなんともないが、重いものを持ったり、階段を上がったりすると胸の真ん中のあたりが押されるような痛みが出現し、安静にするとすみやかに数分で症状が消失する。とくに朝方に症状が出やすい」である。重症であればごく軽度の労作でも、ときには安静時でも症状が出現することがある。

6)

血圧は130/85mmHG以下、総コレステロールは220未満、LDLコレステロールは140 未満、HDLコレステロールは40以上が望ましい。

一覧

【↑】このページの先頭部分まで戻ります。